モテ

【かわいい子と付き合いたい男性へ】スト高と付き合うに方法について考察してみた②〜口説き編〜

🍁読んだら濡れます🍁
・1週間で最も売れたnoteになったベストセラー「ポチの合鍵メソッド」がメガヒット中です。この機会にぜひ読んでみてください。

今回はコチラの記事の続編です。

顔も性格もスペックもいい、いわゆる「一軍のスト高」と出会った時に、どのようにして口説いていくのか。

僕の手法を書いていきたいと思います。

ちなみに僕は一夜限りの遊びの恋愛と、彼女作りのスト高相手との恋愛では、まったく異なるアプローチ方法を使っています。

その成果もあってか、歴代の彼女はどの子も素敵な子でした。(もちろん今の彼女もです)

その手法をシェアしていきます。

 

※この記事で出てくるスト高とは、ルックスだけでなく性格やステータスも良い、いわゆるハイレベルなモテ女子を指しています。

 

読んでほしい人

・かわいい子と付き合いたい人
・かわいい子に相手にされない人
・スト高にチャレンジしたい人

 

ではいきます。

 

かわいい子を付き合うにあたり覚えておきたいこと

前の記事でも書きましたが、いわゆるスト高と呼ばれる一軍のかわいい子は非連続的な出会いから恋愛に発展することはありません。

非連続的な出会いとは、
・ナンパ
・アプリ
・街コンや相席屋

などがそれにあたります。

 

これらの女の子は、学生時代にモテていて、かつ警戒心が人より強いという特徴があるので、わざわざリスクを冒してまで出会を求める必要がないんですね。

ポチ
ポチ
ナンパでいくらゲットしても、理想の女の子に出会えないのがこれだね

 

スト高はリアルな友達を介しての出会いの中でしか恋愛をしない

サークルや同じ職場、友人の紹介などです。奇跡的に合コンに現れたら超ラッキーと思いましょう。

モテるってだけで動物の遺伝子としては超優秀なので、本人もそれを本能レベルで分かってるんです。どこの馬の骨とも分からない人と、交わるわけにはいかないんですね。

じゃあ周りにそういう女の子がいなかったらもうムリじゃんって思った方は、出会う方法を前記事で書いたので読んでみてください。

そしてスト高女子にはもう1つ特徴があります。

 

それは、好きになった相手にしか、心も体も開かないということ

僕も遊び相手の女の子には、あの手この手で口説いたりしますが、この手法はスト高には通用しません。

ナンパやアプリで知り合える女の子は、好きじゃなくても心や体を開いてくれます。なので誠実にいくよりも、チャラくて軽いノリの方が刺さるんです。

 

でも、スト高の女の子はそうはいきません。

 

そもそもそんな男はいくらでもいるので、相手にするメリットがないんですね。

この手の女の子が求めているのは、「心が満たされる恋愛」です。自己肯定感がそもそも高いので、火遊び的な恋愛には興味がありません。

 

これがチャラ男でも、なかなか落とせない理由となります。

 

しかし、ひとたび心と体を開くと、彼女らはびっくりするくらい従順なのも特徴の一つです。いわゆるセックストリガーというものを引けるのもこのタイプです。

こうなるとよっぽどのことがない限り別れることもないし、正義感の強さから浮気もしないので、スト高を彼女にすることができれば人生が2トーン明るくなるくらい楽しくなります。

 

ということで、僕なりのスト高ゲット方を書いていきます。

 

スト高をオトすには直接法✖︎誠実系

ではスト高女子をオトすにはどうしたらいいか。

その答えは直接法✖︎誠実系です。

これ以外でスト高女子をゲットすることはできないですし、もしできたとしたらそれはスト高の皮をかぶったなんちゃってスト高です。

自分がナンパとかでゲットできた女の子は、他の男が同じようにナンパしてもゲットできるというやつです。

ポチ
ポチ
ナンパのパラドックスだね

 

ではこの直接法✖︎誠実系を詳しく説明していきます。

 

好きな女性ができたら、絶対に直接法でアプローチすること

まずは直接法について簡単に説明すると「好意があるということを隠さずアプローチすること」です。

これは非モテに多いんですけど、好意があることを隠して映画とか音楽とか何かしら理由をつけて遊びに誘うんですね。

でもこれ完全にマイナスなんです。

 

まずシンプルに男らしくないし、実は好意があったことを伝えるタイミングを失ってしまうんですね。

なので必ず好意を前面に出した直接法でアプローチしましょう。

 

デートに誘う理由は「もっと知りたいと思ったから」で十分

タイプな女の子とLINE交換したら、次は2人で会うことを打診しましょう。

もちろん誘い方はどストレートに「もっと知りたいと思ったから」です。

これ以上ですと遊びの雰囲気が出て怪しくなりますし、これ以下ですと好意が伝わりません。

もちろん映画や音楽など共通の趣味に逃げるのもNGです。

 

①まず好意があることをふんわり伝える

②デートプランは共通の趣味orカフェ

この順番です。

 

つまりこれを具体的に書くとこんな感じです。

①今日はありがとう。今度また話そ。2人でもいい?
↓(オッケーの返事をもらう)
②映画好きって言ってたし、映画でも見よっかorカフェでも行こ

あくまでも会う理由は「あなたに興味があるから」であり「映画がみたいからorカフェにいきたいから」ではありません。

 

ポチ
ポチ
逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。

 

デート中も「あなたに興味がある」ということをしっかりと伝える

最初のデートは日中〜夕方までの2時間くらいの軽いデートにしましょう。

もちろん夜に飲みにいけるのなら、食いつきが高い証拠なので行くべきですが、スト高は警戒心がとても高いです。

2人で会えるだけでも大きな一歩なので、そのハードルをできるだけ下げるために、日中&2時間程度のデート打診にしましょう。

間違っても遊園地とか買い物など、がっつりデートはやめましょう。

 

会話の流れは
●アイスブレイク(趣味・仕事の話など)

●過去の話

●過去の恋愛トーク

●未来の恋愛トーク

これがベストなのですが、この終盤で相手に恋愛対象として興味を持っていることを伝えましょう。

この辺はアポの教科書に詳しく書いているので、読んでみてください。

 

基本的なスタイルは誠実系がベスト。軽い感じはNG。

アプローチのスタイルは誠実系の一択です。軽い感じや遊んでるアピールはやめましょう。

よくナンパの手法で「チャラ開示」といって、遊んでるアピールをすると女の子の遊びたいスイッチが入るというものがありますが、あれはそもそも即系の女の子のみに通用します。

まともな子は、90%の確率でチャラ開示した瞬間に一発アウトをくらいます。

 

顔がタイプだったというスタンスは隠さなくていい

誠実系とはいえ、内面だけど褒めろというワケではありません。顔がタイプだったら、それを伝えてもいいし、本当に内面に惚れたなら、そこをちゃんと伝えましょう。

僕の場合は基本的に顔がタイプ→内面もタイプ→好きになる

というフォーズを踏んでいくので、それはちゃんと伝えます。

 

「笑顔が好きだったから、もっと話したいと思った」
「顔がふつうにめっちゃタイプだった」

こんな感じです。1ミリもウソはないので、堂々と目を見て言います。

 

媚びるようなスタンスや自分を低く見せることは絶対にしない。

基本的にスト高との恋愛は、ファンダメンタル勝負です。

つまり自分を低く見積もる、いわゆる日本人的な美徳はマイナスになってしまいます。

・モテない
・仕事もまだまだ
・俺なんて面白くないよ

こんな言葉を謙虚さと履き違えて発していたら、黄色信号です。絶対に言ってはいけないNGワードとなります。

とにかく自信マンマンの自信ファーストでいきましょう。

 

ということで、スト高ゲットのアプローチ方法を書いて見ました。

次はかわいい子と付き合う方法〜ファンダメンタル編〜を書いていきます。

恋愛というのは、最後は魅力と魅力のぶつかり合いなんですね。そこは避けて通れないので、ファンダメンタルの考え方について分析していきます。

 

読んでいただきありがとうございました!

ポチ