モテ

【モテる秘訣】モテるとはリーダーシップ、すなわち”ワガママ”のこと

◯読んだら濡れます◯
プロのマーケターが本気で執筆した「インスタグラムの教科書Pro」が大ヒット中です。この機会にぜひ読んでみてください。

 

今日はモテる男とモテない男のマインドの違いについて、書いていきたいと思います。

 

読んでほしい人

・モテたい人
・何をしてもモテない人
・いつも女の子に振り回されちゃう人

 

この記事は約2分で読めるボリュームです。

【最新2021年ver.】身長が盛れるスニーカーを紹介しよう〜モテる身長へ〜 ◯読んだら濡れます◯ プロのマーケターが本気で執筆した「インスタグラムの教科書Pro」が大ヒット中です。この機会にぜひ読んでみ...

 

モテる秘訣は”リーダーシップ”だった

モテる男とモテない男の一番の違いってなんだと思いますか?

それは『リーダーシップ』です。

モテる男に間違いなく持っていて、モテない男にないもの。それがこの『リーダーシップ』なんです。

女の子は男のリーダーシップにフェロモンを感じ、惚れていく

これは太古の昔からずっとそうです。

よく「色気」とか「フェロモン」とか言われるやつですね。あれの正体をもうちょい詳しく言うと、『リーダーシップ』なんです。

女の子はこの『リーダーシップ』のある男に魅力を感じ、この人との子孫を残したい!って思うわけです。

ポチ
ポチ
いわゆる”男らしさ”ってやつですね。

 

リーダーシップの正体は”単なるワガママ”

でもリーダーシップってなんなの?どうやったら身につくの?と思いますよね。

キャプテンをやればいいのか。それともサークルやサロンを立ち上げてオーナーをやることなのか。

 

どれも近いけど、ちょっと違います。

 

答えはめちゃくちゃ単純です。要はリーダーシップとは「ワガママ」のことなんです。

 

ポチ
ポチ
「俺はこういう人間だ。こういう生き方をしたい。だからついて来い」ってやつですね。

 

「みんなの意見を聞いて、できるだけ要望に応えていく」のはリーダーシップとは真逆のアプローチ

おそらくこれをイメージしてる方が多いですよね。

みんなの意見をまとめて、それをできるだけみんなが納得する形にしていくっていうやつです。

これはリーダーシップとは真逆なんです。

ポチ
ポチ
ビジネスならこういう役割の人も大事だけど、恋愛にこのスタンスは必要ありません。

 

リーダーシップは『ワガママ』がスタート

例えばキングコングの西野さんなら「エンタメで日本を変えたい」とか

サッカーの本田圭佑さんなら「ワールドカップで優勝する」みたいなやつです。

 

「俺はこうしたい」「こういう人間だ」というものを明確に発信して、その通りに行動してますよね。

この姿に女の子は惹かれていくんです。

 

 

カリスマになる必要はないが、自分の『ワガママ』をさらけ出すことは、とても大切

もちろん上の二人のように、とにかく多くの人を巻き込んで、カリスマ的存在になる必要はありません。

ポチ
ポチ
なろうと思ってなれるものじゃないですしね。

 

ただ、女の子の前でもちゃんと自分の人間性や想いを発信しようということです。

そしてこれがすごく刺さります。

 

女の子に好きなタイプや服装を聞いて、それに合わせるのが一番モテから遠ざかる行為

これみんなやってませんかね?

👱‍♂️「好きな男のタイプなに?」って聞いて、👧「優しい人が好きかな」って言われたら、優しい男を演じるやつです。

これホントにダメダメです。今日からこのスタンスは卒業しましょう。

 

女の子のケツを追いかければ追いかけるほど、女の子は逃げていく

だってそんな男に魅力なんて感じないですから。

ポチ
ポチ
色気のイの字もないってやつです。

むしろ逆で、「俺はこういう夢を持っている」とか「俺はこういう人間だから、合う人と一緒にいたい」とちゃんと相手に伝えましょう。

まずはここがスタートです。

 

 

リーダーシップにストーリーが合わさると、モテていく

じゃあいきなりワガママになればモテるのかっていうと、流石にそれはないです。笑

口先だけ威張っても、説得力がないからです。

ジャイアンが分かりやすい例ですね。

ジャイアンがモテないのは、何がしたいかよく分からないから

ただ威張り散らしているだけで、ジャイアンがどうしたいとか、何が目的で威張っているのかが分かりませんよね。

あれだと空気が読めない男扱いされて終了です。

 

ポチ
ポチ
それでもナヨナヨしてるよりはマシだけどね。

 

ワガママにストーリー(過去)が加わると、魅力になる

例えば「上司や周りに媚を売って生きるのはやめた」とします。

これだけ見たら単なるワガママな男です。

でも、その理由が「子どもが見たときにカッコいいお父さんでありたいから」だったり、そのために会社を立ち上げたり、手に職つけて頑張ってたら、カッコ良いですよね。

この行動が伴うと、すごく説得力が増してリーダーシップになるんです。

ポチ
ポチ
ここで初めて「この人男らしいなあ」って感じるんです。

 

まとめ

自分のワガママを持って、その通りに生きてみると女の子の反応は一気に変わります。

僕もかつて空気を読みまくり、女の子の趣味やタイプの通り演じるカメレオンのような男でした。

 

でも全くモテませんでした。

 

逆に開き直って「俺の人生だから俺の好きにさせろ」って思うようになったら、モテるようになったので、参考になれば嬉しいです。

 

ぜひみなさんのお悩みも、同じように解決されれば嬉しいです。

この記事が面白いなって思ったら、いいねや引用RTで感想をいただけると励みになります。

 

また限定のLINE@noteでも有益情報を発信してるので、ぜひ寄っていってください。

読んでいただきありがとうございました。

ポチ