マッチングアプリ

【2021年Ver.】ティンダーで出会えない人の3つの理由~モテたい人へ~

 

こんにちは、ポチです。

今日はティンダーを使っても、なかなか出会えないという人に向けて記事を書きましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 



この記事は約2分で読めます。

【モテる秘訣】モテるとはリーダーシップ、すなわち”ワガママ”のこと ◯読んだら濡れます◯ プロのマーケターが本気で執筆した「インスタグラムの教科書Pro」が大ヒット中です。この機会にぜひ読んでみ...

 

 

ティンダーでなかなか出会えない3つの理由

ティンダーは、全世界約190国利用され日本でも会員数300万人と言われる日本最大級のマッチングアプリです。

↓このロゴはみたことある方も多いでしょう。


(公式ホームページはコチラ)

 

でも300万人も会員がいるのに、全く出会えないという方が多いんです。

 

ティンダーは出会える人と出会えない人で二極化している⁈

ティンダーのユーザーはこんな感じです。(ポチ調べ)

 

・ガンガンマッチして、ガンガン出会えてる人(約10%)

・全くと言っていいほど、出会えない人。(約90%)

 

大学受験とか就職の内定と同じで、

一部の人が独占して、その他の人は全く成果が出ないんです。

 

男女で100人ずついたら100人みんながカップルになるんじゃなくて、

トップ3のモテ男が50人くらい抱えて、残りの97人の男で女の子50人を取り合うみたいな構図に似てますね。

ポチ
ポチ
まさに地獄絵図のような感じだね。

 

ティンダーはイケメンしか出会えないワケではない

「イケメンじゃない僕にはムリゲーじゃん」と思った方、まだ諦めるのはちょっと早いです。

なぜなら、顔はかっこよくないのに、ガンガンマッチしてガンガン出会いまくってる人もいるからです。

要は戦略がとても大切になってくるので、自分がなぜ出会えないのか冷静に分析していきましょう。

ティンダーで出会えない人の3つの理由

 

ティンダーで出会えない理由①「自己紹介が雑」

 

ティンダーには、写真の下にプロフィールがありますよね。

 

これがかなり重要です。

 

多くの人の自己紹介が、雑だったりよく意味がわからなかったりするんです。

「○○大学3年です」とか
「営業してます。フェス参戦します」
みたいな感じだったり。

 

大前提として、女の子はあなたのことを知りません。これがフェイスブックだったら、「あいつフェス参戦するのか」となるのですが、ティンダーではそうなりません。

 

さらっとでもいいので、
・どんな仕事をしているのか
・どんな人間なのか
・なんでティンダーしてるのかor何を求めているのか

くらいは書きましょう。

 

特に日本人はなんの仕事をしてるのかをすごく気にしますからね。

 

恋愛ってどこまでいっても確率論なんです。

 

つまり、「まずは自己紹介を仕上げてマッチを増やす」

これが全ての出会いにおいてセオリーになります。

相手は自分のことを全く知らない。より多くの人に分かりやすいようなプロフィールを作成しましょう。

 

ティンダーで出会えない理由②「メッセージがありきたりすぎる」

 

ティンダーをやる上で、これだけは覚えておいてください。女の子は、ティンダー内ではモテモテなんです。

試しに女の子で登録して「写真は風景のみ・自己紹介はよろしくです。」のみで登録したら、

たった10分で時間で99ライク(MAX)しました。

 

公園の写真で自己紹介も「よろしくです」くらいでです。

つまり女の子は嫌という程いろんな人から言い寄られているんです。

 

そんな中で、

「初めまして!お仕事何してるんですか?」
「お休みの日は何してるんですか?」
「僕も甘いものが大好きなので、一緒ですね☺️」

こんなありきたりのメッセージをしても、返信する気にはなりません。

 

大事なのは、差別化です。

※差別化のイメージが沸かない方は、こちらのnoteを見てみてください。

よほどのイケメンでない人は、メッセージで差別化するしかありません。ありきたりなメッセージはやめましょう。

 

ティンダーで出会えない理由③「写真が微妙」

 

はい、ズバリ本質的なことを言います。

マッチングアプリは8割くらい写真で決まります。

つまり会えない理由の第一位は、「写真が魅力的でないから」なんです。

 

試しに検索対象を「男」にして、いろんな人をスワイプして見ていってください。ビビるくらいキモい人ばっかりです。(スミマセン、、。)

 

写真ととことん仕上げれば、他の男と差別化することができる

オススメは
・一眼レフ
・慣れた方に撮ってもらう
・背景ぼかす

こんな感じですね。

とはいえ、プロでは高すぎるので、タイムチケット↓でお願いするか、


ツイッターなどで写真家さんにお願いするといいです。

 

まとめ

今まで200以上の方のプロフ添削や、マッチングアプリコンサルをやってきましたが、成果がでない人は何かしらの原因があるんですね。

 

この記事を読んで、当てはまるものがあれば改善してみたら何かが変わるかもです。

 

一歩ずつでも進んでいきましょう。

 

また限定のLINE@noteでも有益情報を発信してるので、ぜひ寄っていってください。

読んでいただきありがとうございました。

ポチ